森田剛と宮沢りえに子供は1人!親子仲は?学校はどこ?

元V6の森田剛さん。

女優の宮沢りえさんと結婚されました。

お二人には子供がおられるらしいので詳しく調べてみました!

森田剛に子供は1人!

1995年にジャニーズのV6のメンバーとしてデビューした森田剛さんは、2018年3月16日に女優の宮沢りえさんとの結婚をファンクラブのファンに向けて報告しています。

そして2021年3月31日、V6解散とともにジャニーズ事務所を退所した森田剛さん。

現在、宮沢りえさん、長女とともに3人で暮らしています。

結婚した年の10月には、夫婦そろって娘の学校の運動会の応援席で応援する姿が確認されています。

画像出典元:pinterest

娘の活躍に目を細めて応援していたようですよ。

結婚した年の運動会ということは、長女は森田剛さんの血のつながった娘ではないということがわかります。

結婚した時、森田剛さんは39歳、宮沢りえさんは45歳でした。

宮沢りえさんは以前から子供は2人ほしいと思っていたそうで、森田剛さんとの結婚後、妊活もしていたようなのですが、残念ながら叶わなかったようです。

森田剛さんからは、「無理して頑張らなくてもいい。一緒にいられれば充分だから」という優しい言葉をかけられたといいます。

森田剛さんの中には、長女への思いもあっての言葉だったのでしょう。

宮沢りえの連れ子だった!

宮沢りえさんは父親がオランダ人、母親は『一卵性親子』『りえママ』として一世を風靡したステージママ光子さんで日本人なのでハーフです。

画像出典元:スポニチ

19歳の時に当時大関だった貴乃花関と幸せそうな婚約会見を開き、挙式日も決まっていたにも関わらず、会見3ヶ月後に破局という結末を迎えています。

画像出典元:ダイヤモンドオンライン

まだ20歳だった貴乃花関には相撲協会の重圧は重すぎたようです。

そして2009年に前夫との『授かり婚』を発表しています。

その時に産まれたのが、今では森田剛さんを父と慕う長女です。

2016年に離婚することになり、長女は宮沢りえさんが引き取って育てていました。

この時、宮沢りえさんは長女のことを一番に考え、長女からOKが出るまで再婚はしない、と決めていたそうです。

森田剛さんと宮沢りえさんは2016年の舞台『ビニールの城』での共演がきっかけでお付き合いを始めています。

そして1年半が過ぎたころ、宮沢りえさんの長女とも仲良く接していた森田剛さんを、「パパ」と呼ぶようになった長女をみて再婚を決意した宮沢りえさんでした。

なかなか結婚しない2人の背中を長女が押したということですね。

親子仲は?

森田剛さんと暮らす長女は、宮沢りえさんの前夫との間に授かったお子さんですが、森田剛さんとは本当の親子のように仲が良いそうです。

宮沢りえさんが仕事で忙しい時には、父と娘で仲良く買い物をしている姿も目撃されています。

 

とにかく、夫婦仲がいいですから、お子さんとの関係も普通の親子関係なんだと思います。

宮沢りえさんと結婚した際、森田剛さんは宮澤剛さんとなっています。

この時、『森田剛さんが婿養子に!』というような誤った情報が流れていましたが、特に養子縁組をしたわけではなく、婚姻届けの提出時に森田剛さんが宮澤姓を選んだというだけのことです。

宮沢りえさんの母親の光子さんが亡くなったのは2014年ですから、結婚する時に養子縁組をすることもありませんから。

2018年に結婚した時、2009年に生まれた長女はまだ小学校の低学年でした。

子供にとって姓名が変わるということはナーバスな問題だと思います。

出席番号とかも変わっちゃいますからね。

宮澤から森田ならそんなに変わらないかもしれませんが……。

芸能人の娘というだけでも特別視されてしまうのですから、改名したことがイジメに繋がってしまうことも考えられます。

そんなことまったく気にしない!と言ってしまえば、それまでですが、問題となる可能性があることは避けて通ることができるなら避けた方がいいですよね。

また、森田剛さんの方でも『名前が変わることで転機を迎えたい』という気持ちがあったという声も聞こえています。

いずれにせよ、周囲がとやかく言うことではないですよね。

 

長女の名前はアロハ

2009年5月20日に生まれたとされる宮沢りえさんの長女は、『アロハ』と命名されたという情報がありました。

長女の父親はハワイ在住の元プロサーファーで、『Oakley(オークリー)』という有名なスポーツサングラスメーカーで、サーフチームの責任者として働いていたそうです。

そんなハワイでの生活基盤を考えたのか、日本ではハワイのあいさつとして馴染みのある『アロハ』に命名したのでしょうか。

ただ、『アロハ』は単なる挨拶の言葉ではないんです。

『A:Akahai』…『思いやり』

『L:Lokahi』…『調和』

『O:Olu’olu』…『喜び』

『H:Ha’a Ha’a』…『謙虚』

『A:Ahonui』…『忍耐』

この最初の文字を組み合わせたものが『ALOHA(アロハ)』です。

そして、

『ALO』には『…の前に』

『HA』には『神の贈り物、命』

という意味もあるそうです。

もし、このような意味を含めて『アロハ』と命名していたとしたら、奥深いネーミングですよね。

ステキな名前です。

宮沢りえさんは長女とは母娘というよりは友達のような感覚で接していて、ちょっと女優という職業に興味をもちはじめた娘には「中途半端な気持ちでは出来ない」とアドバイスしているそうです。

中学生のアロハちゃんは身長もかなり伸びているようなので、高校生になる頃には身長167cmの母・宮沢りえさんを抜いてモデルも目指せる美女になっているかもしれませんね。

学校は成城学園!

2018年、結婚後初の運動会で愛娘の応援をしていた宮沢りえさんと森田剛さんの姿が際立っていた学校は、その年学園の創立100周年を迎えた記念体育祭が開かれていた成城学園でした。

ジャニーズの大先輩である東山紀之さん、木村佳乃さんの姿もあったようです。

創立100周年ということで、成城学園の幼稚園、初等学校、中学校高等学校、大学の合同での記念体育祭でした。

森田剛さんを見つけた多数の女子中・高生がサインを求めていたそうです。

学校行事だけではなく、クラスでの父母会にも顔を出してとても協力的な森田剛さんは、逆に忙しい中大丈夫なのか、と気をつかわれてしまうんだとか。

共働きの芸能人夫妻だからこそ協力的なのでしょうけれど、男の人が参加するのはなかなか勇気がいること。

たいせつな娘を思ってのことですよね。

まとめ

森田剛・宮沢りえ夫妻にはかわいいお嬢さんが1人います。

宮沢りえさんと前夫との連れ子ではありますが、とても良好な親子関係で森田剛さんは普通に娘を溺愛する父親のようです。

残念ながら森田剛・宮沢りえ夫妻にはお子さんは授かりませんでしたが、これからもかわいい長女の幸せを願うステキな家族でいてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です